web関連tips備忘録

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |

スキン変数if/else/endifの応用


index(玄関)ページでは、あるアイテムを固定表示して、そこから分岐するカテゴリーは固定表示なしの通常の表示をさせたい場合、以下のようにする。

例1.
<%if(category)%> //カテゴリーが選択されていたら。
<%ShowBlogs(grey/short,1,,2,DESC)%>
<%else%>
<%ShowBlogs(grey/short,1,,2,DESC,73,grey/short)%>
<%endif%>

例2.
<%if(category)%>
<%blog(grey/short,10)%>
<%else%>
<%StickyIt(grey2/short,固定表示したいitemid)%>
<%endif%>

NuCleus 2006-03-12(日) 01:12:49 - kei - TrackBacks

プレビュー位置にジャンプさせる


管理画面で編集終了後、プレビューアイコンをクリックしたらプレビュー位置にジャンプするようにカスタマイズする。

カスタマイズするファイルと編集箇所
  1. nucleus/libs/include/admin-add.template は、43行目当たり、admin-edit.template は、412行目当たり、
    <div id="edit" style="display:none;" class="contentblock"> の上に、<a name="preview"></a>を追記して下記のようにする。
    <a name="preview"></a> <div id="edit" style="display:none;" class="contentblock"> <h2><%text(_ADD_PREVIEW)%></h2>
  2. nucleus/libs/PAGEFACTORY.php 369行目(IE用)当たりと412行目(IE以外用)当たりの
    case "preview": $this->_jsbutton('preview',"showedit()",_ADD_PREVIEW_TT); break;
    に下記のように赤字部分を挿入する。
    case "preview": $this->_jsbutton('preview',"showedit();location.href='#preview'",_ADD_PREVIEW_TT); break;

NuCleus 2006-03-07(火) 20:20:45 - kei - TrackBacks

ポップアップ表示画像の動作改善


ポップアップで表示した画像を移動させようとしたり、
クリックすると画像が閉じられて不便なので、ダブルクリック以外では閉じないようにした。

修正箇所:各スキンの「画像ポップアップウィンドウ」のページを編集する。

訂正前:
<body onblur="window.close()">
<a href="javascript:window.close();"><%image%></a>
</body>

訂正後:
<body ondblclick="window.close()">
<%image%>
</body>

因みに、シングルクリックで閉じたいときは
<body onclick="window.close()">
<%image%>
</body>
とすると、画像を移動するだけで閉じられることはない。
NuCleus 2006-03-07(火) 06:57:52 - kei - TrackBacks

addedit.cssの修正でOKだった


ここ二日ばかり、画像付き記事を管理画面やブックマークレッドでプレビューしたときの表示の乱れを訂正するために、
ドラフト保存した記事等をサイトの確認で表示させるようBLOG.phpやITEM.phpをカスタマイズ作業に取り組んでいたが、いざ、カスタマイズしてみると、ドラフト記事の表示され具合を確認するために管理画面から「サイトの確認」をクリックしてサイトで確認するのも面倒だ、やはり記事の作成や編集時にプレビューできるのが理想だ・・・。と、いうことで管理画面のスタイルシートをいじることにした。

そういえば、記事表示に用いているgrey.cssの
.leftbox, .rightboxを下記のように修正してあったので、記事の投稿・編集用のスタイルシートaddedit.cssも同様にしてみた。
なんてこった、ont-size: larger;とwidth: 20%;をコメントアウトしただけで画像付き記事のプレビュー画面の乱れが直りました。(^^;

addedit.css:の修正箇所

.leftbox, .rightbox {
margin: 3px;
padding: 3px;
//font-size: larger;
//width: 20%;
}

NuCleus 2006-02-04(土) 16:56:37 - kei - TrackBacks

ドラフト保存した記事をサイトの確認で表示させる


BLOG.phpをカスタマイズして、ドラフト(下書き)保存等のアイテムをサイトの確認で表示させる&一般記事と同じように、記事の表示ページから編集できるようにする(管理権限を持っているメンバーに限る)。

手順

  1. BLOG.phpの142行目当たり、function showUsingQueryに下記の赤色部分を挿入する。

    function showUsingQuery($templateName, $query, $highlight = '', $comments = 0, $dateheads = 1) {
      global $CONF, $manager;

      global $member;
      if ( $member->isAdmin() ){
        $patterns = "/\s+and\s+i.itime\s*<=\s*" . mysqldate($this->getCorrectTime())."/";
        //$patterns = "/\s+and\s+i.idraft\s*=\s*0/";
        $query=preg_replace($patterns,"",$query);
      }

    *ドラフト保存したアイテムは保存日付が1970年となるため、サイトの確認で表示させても一番古い記事扱いになり、トップページでは表示されない。
    よって、使い勝手が悪いのでコメントアウトして先付け保存が表示できるようにするだけに止めた。


  2. 先付け保存したアイテムも一般の記事とおなじように、記事の編集(edit)をクリックして編集できるようにする。
    ITEM.phpの307行目、function exists内の下記をコメントアウトして赤色部分を挿入する。

      //$r .= ' and itime<='.mysqldate($b->getCorrectTime());
      global $member;
      if ( !$member->isAdmin() ){
        $r .= ' and itime<='.mysqldate($b->getCorrectTime());
      }

NuCleus 2006-02-03(金) 23:39:53 - kei - TrackBacks
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |
LINK