バイオリズム・相性診断の見方 | バイオリズム研究室 | HOME

バイオリズムで見る高校野球H15

第85回全国高校野球選手権大会 神奈川大会
準々決勝(2003/7/27 保土ケ谷球場)

横浜高校vs桐蔭学園の試合は両チームとも春の選抜大会で記憶に残る名勝負を演じたことと、 互いを最大のライバルと知るファンが事実上の決勝戦と目したため、試合前から内外野とも立ち見のファンで満席となり、 球場に入りきれないファンのために、急遽、球場外にテレビモニター 2台を設置するほどの大盛況のなかで始まりました。

横  浜 000 100 010 002 4
桐蔭学園 200 000 000 000 2
▽本塁打 望月(初回裏、成瀬)
▽三塁打 荒波(横浜)
▽二塁打 佐藤、成瀬、黒木(横浜) 北村(桐蔭)
▽併殺打 片岡6-3(桐蔭)
▽残塁  横浜11 桐蔭10
▽試合時間 3時間15分

観戦記
試合は初回、桐蔭学園野球部始まって以来という期待の一年生四番バッター望月が二死からランナーを 二塁に置いて、横浜・成瀬投手の失投を見逃さず肩口から真ん中に入ってくるカーブを右翼越えの本塁打で2点先行。 しかし、成瀬投手は二回以降は変化球を見せ球に使いストレート勝負に切り替え無得点に抑える。

対する、桐蔭平野投手は140Km超のストレートに加え高速スライダーが冴え渡り、右バッターは手も足も出ず、三振の山を築く。
両投手とも左バッターのアウトコースに厳しい主審のジャッジにもめげず、白熱の投手戦を展開した。

2対1で迎えた八回横浜高校の攻撃は1番の荒波からの好打順、高校生活最後の打席となるか荒波、 バットを幾分短めにもって左打席に入った。
この回を抑えるとほぼ勝利が見えてくる桐蔭学園平野投手。両者が綾なす心理が微妙に影響したか・・・。

カキーン! 快音を残した打球は右中間を破る3塁打。 続く石川のピッチャー強襲安打を送球を焦った平野投手が間に合わない一塁へ悪送球、荒波同点のホームイン。

その後、延長に入り桐蔭各打者の早打ちが目に付くようになる。
延長12回表、横高の攻撃は一番の荒波。
ボールカウントはフルカウント、桐蔭・平野投手、渾身の思いを込めてアウトコース一杯のストレートを投げ込む。
ストライク!見逃し三振!と思いきやボールの判定。主審の厳しいジャッジに最後に泣かされたのは不運にも桐蔭・平野投手であった。

送りバントの後、3番佐藤のピッチャーの頭を越すセンター前ヒットに、荒波の俊足に焦ったセンターがボールを握り直す間に逆転のホームイン!
続く4番黒木が桐蔭の反撃意欲を断ち切る?左中間オーバーの二塁打を放ってこの回2点。
桐蔭12回裏の攻撃、最後の打者が6-3のダブルプレーに仕留められ、熱戦に終止符が打たれた。

成瀬投手:145球
平野投手:192球
個人成績表の両エースの名前をクリックしてバイオリズムを表示し、身体リズムに注目すると面白い。
高調期から要注意日に向かう成瀬投手。最高調期に近い平野投手。
両投手とも最後まで球威は落ちなかったが、気力を振り絞って投げる成瀬投手に対し、パワー溢れる平野投手の感があった。

八回表横高の攻撃、ランナー荒波を三塁に置いての2番石川のピッチャー強襲安打を拾った平野投手が一塁ではなく、 三塁を振り向けば、荒波を三本間に挟みアウトにすることができ、勝負の行方は逆になっていたかもしれない・・・。
大観衆の悲鳴と歓声につつまれ、内野手からのバックホームの声があっても聞こえなかったと思われるが、 桐蔭内野手のバイオリズムに注目してあれこれ勝手に分析(後付け)するのも楽しい。

個人成績表
横浜
荒波 B' A B' 4 2 1 0 1 1 1 0 0
石川 B' A B' 4 0 2 0 0 1 1 1 0
佐藤 5 2 3 1 0 0 1 0 0
黒木 B' B' A 4 0 1 2 1 1 1 0 0
太田 D B B' 3 0 0 0 2 0 0 0 0
9 松田 D D A 1 0 0 0 1 0 0 0 0
H 村田 B B B 1 0 0 0 1 0 0 0 0
9 吉田斉 B' B D 1 0 0 0 0 0 0 0 0
成瀬 B D B' 5 0 2 0 2 1 0 0 0
吉田真 D B D 3 0 0 0 1 0 2 0 0
松原 B' B' B' 2 0 0 0 2 0 0 0 0
H2 西江 B B' A 2 0 0 0 2 1 0 0 0
玉城 B B' B' 4 0 1 0 0 1 0 0 0
39 4 10 3 13 6 6 1 0

桐蔭
高津 B B B' 2 1 1 0 0 1 0 0 0
H7 栗原 D B B 2 0 0 0 0 0 0 0 0
H 齊藤 B' B' A 1 0 0 0 0 0 0 0 0
⑦8片岡 B A D 4 0 0 0 0 0 2 0 0
吉田 B' D B 5 0 1 0 1 0 0 0 0
望月 B B' B' 5 1 1 2 1 0 0 0 0
北村 B' B' B' 5 0 3 0 1 0 0 0 0
岡本 D B' B' 4 0 2 0 0 1 0 0 0
D B' D 1 0 0 0 1 0 0 0 0
H 田中 B' B' B' 1 0 0 0 0 0 0 0 0
5 菊地 A B' B' 2 0 0 0 1 0 0 0 0
平野 A B' B' 5 0 1 0 2 0 0 0 1
中村 B' B' A 4 0 2 0 0 0 1 0 1
41 2 11 2 7 2 4 0 2

投手 投数
成瀬 B D B' 12 47 145 11 7 2 2 2
涌井
---------------------------------------
平野 A B' B' 12 51 192 10 13 6 4 2
渡辺

表の見方
打:打数、 得:得点、 安:安打、 点:打点、 振:三振、 球:死四球、 儀:儀打、 盗:盗塁、 失:失策

投手成績
回:投球回数、打:打者数、投:投球数、安:被安打、振:三振奪取、球:死四球、失:失点、責:自責点

バイオリズム関連
体:身体リズム
感:感情リズム
知:知性リズム

バイオリズムの評価目安
各リズムの評価は、0(ゼロ)と 交差する前後1日(要注意日)をDランク、高長期の0.5までをBランク、0.5を超えるとAランク、充電期(低調期)をB'ランクとしてあります。
あくまでも目安ですので、ご自分で適当に評価して遊んでください。

バイオリズム・相性診断の見方 | バイオリズム研究室 | 高校野球シアター | HOME