web関連tips備忘録

Category
<前 | 次>
sslでGoogleマップが表示できない問題の解決策

サーバー移転に伴い、Googleに習ってサイトを暗号化表示するようURLの頭を「http」から「https」に変更して動作確認したところ、Googlマップが表示されるところが空白になる。

Firefox(ブラウザー)で「ツール(T)→web開発(w)→webコンソール(w)」として開発ツールを開いてネットワーク接続の流れを確認すると、GooglMapを操作するjavascriptファイルが「403 Forbidden」エラーとなっている。

Google検索してみると、2016年6月からGoogleポリシーが変り、GoogleMap APIを呼ぶ際に、APIキーを設定して呼ばないと相手方からアクセス拒否されたことを意味する「403 Forbidden」エラーになるとのこと。

元々、APIキーを設定して利用していたものをGoogleの仕様変更でAPIキー無しでも利用できるようになったので、試しにAPIキー付きをコメントアウトして利用していたサイトであること、且つ、http接続では問題なく表示されることから Google側がアクセス拒否しているのではないだろうと思いつつもエラー解決した先人に習ってAPIキー付きで呼び出してみたが、現象に変化なし。

調査対策の結果、GoogleマップAPIを呼び出すファイルとGoogleマップを操作するjavascriptファイルの保存フォルダーが4階層離れたところに位置していたものを1段減らしたらGoogleマップも表示できるようになった。
前:src="//○/×/△/gMap.js"
     ↓
後:src="//○/△/gMap.js"
サイトにhttpとhttps呼び出しが混在しているのが影響しているのか?

2017-04-09 15:14:23 by kei - NuCleus

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
<前 | 次>